発熱

コロナウィルスと発熱

コロナウイルスに感染しても、37℃以上の発熱を認めるのは、全体の30%だけです。

38℃以上となるのは、さらに少なくなり、全体の15%です。

そのため、発熱がなくとも、なんらかの「かぜ症状」のある場合は、コロナウイルスの可能性を考えなければなりません。

また、一般的な公共施設においては、「なんらかの症状」がある場合、コロナウイルスPCR検査にてウイルス陰性が確認されていないと、入場を断られることになっています(実際は、規則があいまいに運用されています)。

家庭の事情などで、検査を希望しない特別な理由がない限りは、PCR検査をすることをお勧めします。

PCR検査は
当院にて可能です。

コロナ

※スマホタップで発信します。

詳細はお電話にて説明いたします。

検査概要

PCR検査

①検査方法

唾液法と鼻粘膜法との2種類あります。

両検査とも、基本的に駐車場にて行います。徒歩で来院のかたなどは、院内の専用検査室で行います。

②唾液法

専用試験官に唾液を採取していただきます。

翌日の夕方6時に、結果が判明します。結果は、患者さん個人の携帯電話に直接ご連絡いたします。

③鼻粘膜法

綿棒を用いて、鼻粘膜ぬぐい液を採取します。

最速で30分で結果が判明しますが、混雑状況により時間が延長する可能性があります。(正確には、PCRではなくて、NEAR法といいます。)

鼻粘膜のこすり方により、結果が陰性(疑陰性)となることがあります。両方の鼻腔を最低5回ずつこする必要があります。

④料金

両方法とも料金は同じです。

1)なんらかの症状がある場合、検査費用そのものは無料ですが、手技料・診察料(保険適応)がかかります。通常、3割負担で2000円弱です。中学生以下は診察料も含めて、無料です。

2)何も症状がない場合、(会社から必要と言われた場合など)保険適応外となり、一律8000円です。